≫当ブログのテーマ『STORK19』はココから

オッターハーイェク(菰野)クレープ店にリニューアル。変化点や注意事項をブログでレポート

オッターハーイェク(菰野)が2021年秋にクレープのお店としてリニューアルオープンしました。


今回は、そんなクレープ店としてリニューアル後のオッターハーイェクをレポートします。

母ちゃん

リニューアル前後の変化に注目してご覧ください






このブログで分かること
  • カフェ、オッターハーイェク(菰野)の雰囲気
  • オッターハーイェクリニューアル変化点
  • リニューアル後にオッターハーイェクの注意
  • 菰野カフェオッターハーイェクアクセス



オシャレな雰囲気はそのままなので、北欧インテリアが好きな方にオススメのカフェです。

オッターハーイェク(菰野)雰囲気は?リニューアル後変わった?

オッターハーイェクHPより画像掲載

母ちゃん

ここではオッターハーイェクリニューアル後の雰囲気(外観や内観)の変化点をお伝えします。


リニューアル後
オッターハーイェク雰囲気

変わらないところ
〇 オシャレな雰囲気やインテリア
〇 部屋の使い方・離れの小屋

【変わったところ】
〇 外の机やカーテン
〇 ベーカリーが無くなった


オッターハーイェクリニューアル後
雰囲気変化①外の机やカーテン

オッターハーイェクの雰囲気が好きで、リニューアル前も何度か足を運んだことのある私。


リニューアル後久しぶりに訪れて最初に感じたのが「カーテンや机がキレイ」ということでした。


どうしても、経年劣化で外の家具は傷んできてしまうのですが、カーテンや机がとてもキレイになっているように見えました。

リニューアルの際に一新したのかもしれません。


↓↓写真は今回訪問時の物です。

オッターハーイェクリニューアル後
雰囲気変化②ベーカリーが無くなった

オッターハーイェクといえば、ガラスケースを彩るベーカリー。

残念ながら、今回リニューアルでクレープのお店になった為、ベーカリーのショーケースはなくなっていました。

※↓写真はリニューアル前のもの。

リニューアル後はこちら↓↓

オッターハーイェクのベーカリーはどれもとても美味しくかったので個人的には残念です。

しかし、今後は今までになかったクレープを味わうことができるので楽しみでもあります。


※追記
2022年秋訪問時⇨アイスクリームショーケースが新たに設置されていました。



どのフレーバーもとても美味しそう。

シングル390円・ダブル550円でした。



オッターハーイェク雰囲気
変わらない所①オシャレな雰囲気

店内に入ってみると、オシャレな雰囲気はそのまま。


多少“この家具の配置変わったかな?”と思う点はありましたが、ほぼリニューアル以前のままの素敵な空間でした。

2階席からは、大きな窓から御在所の山々を見ながら飲食を楽しむことができます。



オッターハーイェク雰囲気
変わらない所②離れの小屋

オッターハーイェクの離れ小屋もリニューアル後、今までと同じく利用できました。

※写真はリニューアル前のもの


カーテンやソファ・イス、照明が以前と若干かわったかな?という印象はうけましたが、雰囲気は以前とかわらずオシャレ。


BGMがここちよく、この離れでも素敵な時間をすごすことができます。

カラフルなインテリアと木の温もりがオッターハーイェクの魅力です。

ドアがオープンになっていて、換気十分なのでコロナ感染対策も安心です。

オッターハーイェク(菰野)変化点
メニューや営業時間

オッターハーイェク変化点
メニュー・営業時間

〇 ベーカリー⇨クレープへ
〇 定休日の変更
〇 注文後、ブザーが鳴ったら各自取りに行く

※追記
〇メインディッシュの追加
〇アイスの追加
〇モーニング開始

メニュー・営業の変化
①ベーカリー⇨クレープへ

以前は、ベーカリー中心でしたが現在はクレープメインです。

リニューアル以前↓↓

オッターハーイェクHPより画像掲載


個人的には、サンドイッチのランチやパニーニが好きだったので残念です。

母ちゃん

ただ、クレープもとっても美味しかったので是非食べてみて下さい



今回実際に私が食べたクレープがこちら↓↓



『スモークサーモンとアボカドのサラダクレープ』と『パンプキンスープ』です。


最初は“デリクレープ?甘くないクレープなんて美味しいの?”


と不思議に思いましたが、ガレットのような感覚で食事として美味しく食べることができました。


ほんのり甘い生地の中にクリームチーズが入っていて、アボカドやサーモンとよく合いました。


パンプキンスープはリニューアル前とかわらず美味しかったです。



※追記
2022年秋に訪れたところ、1年で少し変化がありました。

メインディッシュの追加

・チキンオーバーライス1300円
・タコライス1200円
・えびのココナッツカレー1200円
・タンドリーチキンのライスボール1150円
(全てドリンク付き)

アイスクリームメニューの追加

メニュー・営業の変化点
②営業時間の変更とモーニング

以前は、9時から営業していたオッターハーイェクですが、

リニューアル後は11時からの営業となっています。
それに伴い、モーニングもなくなりました。

※2022年9月時点9時-18時営業
モーニングも実施しています

以前は、パンやサラダがついたモーニングをしていました


2022年秋時点では、グラノーラを中心としたモーニングになっています。




定休日もリニューアル前後で変更になっています。

【定休日】毎週月曜毎週水曜
【営業時間】9時-18時(L.O)17時半

定休日の変更に注意が必要です。

メニュー・営業の変化点
③ブザーが鳴ったら各自取りに行く

以前は、注文後に席までオーダーした物を運んでもらえるシステムでした。


リニューアル後はブザーを受け取り鳴ったら自分で取りに行くというシステムになりました。


食事後もトレーをレジ横に返却します。

今までは店員さんの手間がかかると感じていたので、とても良いやり方だと思いました。

ただ、小さなお子様連れの方は大変かもしれません。

オッターハーイェクリニューアル後メニュー

デリクレープメニュー

〇 生ハムとイチジクのサラダクレープ (850円)
〇 スモークサーモンとアボカドのサラダクレープ (850円)
〇 フムスのサラダクレープ (850円)
〇 ソーセージのサラダクレープ(900円)

※セットメニュー
ドリンク (+250円)
パンプキンスープ (+300円)


デザートクレープメニュー

〇 シュガーバター(450円)
〇 レモンシュガーバター(450円)
〇 ヘーゼルナッツチョコレート(450円)
〇 ヘーゼルナッツチョコ&マシュマロ(550円)
〇 ヘーゼルナッツチョコ&チーズ(600円)
〇 ビターチョコレート(450円)
〇 ビターチョコレートバナナ(600円)
〇 ダークチェリーチーズケーキ(680円)
〇 アップルシナモンクッキー(600円)
〇 キャラメルナッツ(600円)
〇 あんバター(550円)
〇 ブルーチーズとイチジク(680円)

※オプショナルメニュー
ホイップクリーム(+150円)
アイスクリーム(+200円)
・バニラ
・チョコレート
・マスカルポーネチーズ


ドリンクメニュー

〇 コーヒー【hot/cold】(400円)
〇 カプチーノ【hot/cold】(500円)
〇 キャラメルラテ【hot/cold】(500円)
〇 キャラメルミルク【hot/cold】(450円)

〇 アールグレイ【hot/cold】(450円)
〇 セイロンティー【hot】(450円)
〇 ルイボスティー【hot】(450円)
〇 カモミールティー【hot】(450円)

〇 アップルジュース(450円)
〇 グレープジュース(450円)
〇 ジンジャエール(450円)
〇 スパークリングウォーター(400円)


ちなみに…オッターハーイェクって意味は?

ちなみに『オッターハーイェク』って不思議な名前だと思いませんか?

調べてみたところ、オッターはドイツ語で“カワウソ”という意味。カワウソのハーイェク君(名前)というような意味合いみたいです。

御在所の山を眺めながらオシャレカフェで美味しい食事はいかがですか?

菰野『オッターハーイェク』アクセス

住所:三重県三重郡菰野町潤田1117-3
電話:059-337-8198
定休日:水曜
営業時間:9時-18時

駐車場30台(お店の正面4台と306号線を挟んで北に第2駐車場有)

オッターハーイェク菰野リニューアル後まとめ

〇変わらずオシャレな雰囲気で食事できる
〇営業時間・定休日が変更になったので要注意
〇ベーカリー⇨クレープへ


母ちゃん

是非リニューアルしたオッターハーイェクでも食事やクレープを楽しんで下さい