キュウリ家の日常②


饅頭太郎

僕達のお家へ、ようこそ♪



おかめ花子

私達の実際の写真から、我が家の様子が見えるよ☆是非見て言ってね♪



キュウリ家の日常①はこちら☟


部屋の雰囲気

ナチュラルテイストな部屋に憧れる母ちゃん。
この部屋に引っ越して来る際、リノベーション工事で選べた壁紙や床をそれっぽく統一させた。



カーテンや時計もなんとなく同じような感じに。




出来るだけシンプルに目の刺激を抑えた部屋にしたい。
と…そう思った。




が、しかし、リビングの中にそれはある。








色の大渋滞。
本当に渋滞起きてるし🚙🚙🚙

白亜紀も訪れ恐竜たちも右往左往。
これが現実だ。


何なら、色オニしてもこのタンスシールだけで勝てるよ?


そしてフチにまで貼るな!!




それに加え、賃貸なので犬が飼えない我が家。


犬を飼いたい子供達によって仲間入りした、



手作りの犬。


全て名前も付けられている。
一番左のは、箱でしかないと思うのは私だけだろうか…?




シンプルに物を少なく過ごしたいと思っていた理想は虚しく、日々増え続ける犬達。



決して捨てる事の出来ない彼等が、住み家をどんどん広げ、


ホッと出来る大人の居場所を侵食していくのだ。



季節の行事

日本ならではの、季節の行事を大切にしたい母ちゃんは、お月見は毎回子供達と団子を作る。




今年は冷やしぜんざいにした。




ススキは散歩がてらにその辺から抜いてきて飾る。ベランダで夜空を見上げながら食べる冷やしぜんざいは格別だった。


時はさかのぼり、今年の端午の節句。


この時も柏餅を手作りしようと朝から張り切っていた。柏餅を手作りするのは今回が初めて。



娘(おかめ花子4才)も喜んでお手伝い。


柏の葉を軽く洗って、


日光に当てた。


衛生的かな?
と思ったが大失敗。



この後、乾いた柏の葉は全てバリバリの枯葉となった。。


※柏餅を作る時は葉は濡れ布巾で拭く程度にしましょう(笑)

我が家の5番勝負

我が家には5番勝負という物がある。


普通ならジャンケンをすれば3秒で終わる決め事を、わざわざ5個の勝負をして決めるというとっても面倒くさいなかなか時間のかかる勝負だ。




こんな風に対戦表を作って、子供達も毎回大喜び。


娘(おかめ花子4才)でも楽しめるように『しりとり』『レゴ対決』『ビンゴ』『おえかき』『変顔写真』などがお馴染みの勝負コースだ。


ある日の『レゴ対決』の模様を紹介しよう。この日の『レゴ対決』のお題は、上の子(饅頭太郎7才)の決めた“ゴージャス”。


レゴを使ってゴージャスっぽい物を作るという訳だ。制限時間は15分。そしてそれぞれの作品披露。



まずヒョロ長父ちゃん。タイトルは、『扉の多い部屋』









うん。確かに扉が多いね。


鉄砲なのか大砲なのかが外に向いているのがゴージャスなのを物語っているのかな?いっぱいパーツを使って作り上げてるあたり、大人が作った作品って感じがプンプンするよ。



つづきまして母ちゃんの作品。タイトルは、『水陸両用、豪華客船』






まずね、『ゴージャス』というお題に対してタイトルを『豪華客船』とつけてしまっているのが我ながらyellowカードな訳ですよ(笑)


そして、やたら目立つパーツを使って豪華さをだそうという大人ならではの浅はかさ…。いやぁ、大人のズルさがこの作品に見え隠れしていますね。



続きまして上の子饅頭太郎の作品。
タイトルは『プール付きの庭』








もうね、この作品を見た瞬間に母ちゃんは思った訳ですよ。「負けた」と…。


15分の制限時間がありながら、シンプルなパーツでこれだけを作るという心の余裕。そしてそこに立つ人の表情。


もう、母ちゃんにはプールに立つこの人がだんだん成功者に見えてきたよ。笑みにも成功者の余裕が感じられて、これは「ゴージャス」と呼ばずにはいられないよ。





最後の作品、下の子おかめ花子でタイトルは『カバのむれ』

























う…、うん…。
子供の発想ってすごいね!!人面だしね。


斜めに群がってるしね。


どこがどんな風に『ゴージャス』なの?って花子に聞いたら、「こんなカバ、お金たくさんないと見れないよ?」って。


そうなのかな…?


うん、なんか母ちゃんそんな気がしてきたよ。




ちなみにこの勝負、それぞれ点数を付けた結果、優勝は何故かぶっちぎりで父ちゃん。



もうカバを見た後、
結果なんて母ちゃんの頭には入ってこないけどね。





イオンに飾られた絵

「大好きな家族を書いた絵が飾られていますので、是非見に行って下さいね」


そう、園で言われて見に行った。








いる!

確実に一人いる!!

我が家に、毛色の違うファンキーな人が…。


可愛い魔女になりたくて

ハロウィンの仮装する人を見てから、


「魔女の宅急便」のキキに憧れる花子。




↑↑こんな写真を撮りたいらしい。




家にある、自分が可愛いと思う服を持ってきて、新聞を丸めてやって来た。



「母ちゃんが写真撮ってあげるから、ほうきにまたがってジャンプしてみなよ♪」


その指示通り花子は飛ぶ。




だが、なかなか難しい…。


どうしてもジャンプするタイミングが悪く、写真が着地の後になってしまうのだ。



躍動感は伝わるが、こちらもばっちり地に足が着いている。









歯を食いしばって挑戦するも、残念ながらこれも失敗。




しびれを切らした母ちゃん、
「私がやるから、花子写真撮って。よく見ておきな!」と一言。










花子よ。


確かに飛んではいるが、


浮かんでいれば良いということではない。綺麗な顔が映っていないではないか。



と、イケていない部屋着の母は思った。




が、しかし、花子は高く飛べば良いという事をしっかり学習したようだ。



そして、ついに!!




空中!!!


もはや顔のモザイクはいらない躍動感!!


よくぞやった花子!!



しかし、ほうきは投げ捨てられ、当初の“可愛い魔女”という目標は忘れ去られていた。。


母ちゃんの更新エネルギーの源です。
よろしければクリックお願い致します♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング


シェアしてもらえると嬉しいです♪