≫当ブログのテーマ『STORK19』はココから

「おもちゃのサブスク」3つのデメリットとは?こんなハズじゃなかったとならないために

「おもちゃのサブスク」のデメリットを知りたい


今回は、おもちゃレンタルサービス、
「おもちゃのサブスク」のデメリットをさぐっていきます。

母ちゃん

「おもちゃのサブスク」というそのままのネーミングですが、これがサービス名です。


2021年に始まった「おもちゃのサブスク」。

まだまだ新しいサービスなので、実際に契約して“こんなハズじゃなかった”とならないように、特にデメリットに焦点をあてて解説します。

この記事で解決できる悩み

  • 「おもちゃのサブスク」のデメリット3点
  • 「おもちゃのサブスク」にしかない魅力


絵本がもらえるのはここだけ⇩


⇩目次から読みたいページにジャンプできます。

“おもちゃのサブスク”3つのデメリットとは?



近年、利用者が増えているおもちゃのサブスク。

おもちゃのサブスクだけで色々な会社があって、はっきり言ってどう違うのか分からない


そんな方も多いですよね。

そこで、手っ取り早く“おもちゃのサブスク”のデメリット3つを確認していきます。

母ちゃん

メリットだけでなく、デメリットを把握しておくと安心ですよ。


“おもちゃのサブスク”デメリット
①口コミや評判が少ない

商品やサービスを始める時、参考にしたいのがSNS上の口コミ。

口コミや評判で分かること

  • 実際の利用者の本音がわかる
  • 写真やムービーで子供の反応を見れる


公式サイトでは確認することのできない、忖度ない利用者の本音が分かるので参考になりますよね。

しかし、残念ながら“おもちゃのサブスク”は2021年にスタートした新しいサービスなのでSNS上の口コミの絶対数が少ないです。


とはいえ、どのサービスもはじめのうちは口コミやSNS情報は少なくて当たり前。

今出ている評判を確認しつつ、分からないことは公式HPの問い合わせページからチャット形式で確認することができます

“おもちゃのサブスク”デメリット
②おもちゃのリクエストはできない

残念ながら、“おもちゃのサブスク”では利用者からオモチャのリクエストをすることができません

その為、まれに手持ちのオモチャと重なってしまうことも

この点は改善して欲しいところですね。

母ちゃん

ちなみに、サブスクサービスによっては“And TOY BOX”のように、おもちゃのリクエストを出来る会社もあります。


既に手持ちのおもちゃがたくさんあって、重なるのが嫌という方はリクエストできるサブスクサービスを検討するのもオススメです。




ただし、リクエストしないで、月齢に合ったおもちゃをプロに選んでもらうのがおもちゃサブスクの醍醐味でもあるので1度試してみるのもありですね。

“おもちゃのサブスク”デメリット
③おもちゃの交換周期は選べない

“おもちゃのサブスク”のおもちゃ交換周期は2ヶ月ごと。この交換周期を変更することができません

おもちゃサブスクのサービスによっては毎月交換できる会社もあるため、

  • 毎月違うオモチャを使いたい
  • 2ヶ月同じオモチャだと飽きてしまいそう


という方は“おもちゃのサブスク”のデメリットに感じるかもしれません。

しかし、1度のサイクルで4~7点のオモチャが届くので、1つずつのおもちゃをじっくり遊ぶために2ヶ月に1度という周期はサブスク業界では一般的なサイクルです。

母ちゃん

1度に届いた全てのおもちゃを出すのではなく、少しずつ別のおもちゃを子供の前に出すのがオススメなようです。


“おもちゃのサブスク”にしかないメリット(魅力)は?


ここまで“おもちゃのサブスク”のデメリットを解説してきました。ここからは“おもちゃのサブスク”にしかないメリット(魅力)をご紹介します。

“おもちゃのサブスク”メリット

  • おもちゃ+絵本が届く(絵本はもらえる)
  • 割引プラン活用でコスパが良い
  • 知育を目的にするなら1番オススメ


順番に見ていきましょう。

“おもちゃのサブスク”メリット
①おもちゃ+絵本が届く

“おもちゃのサブスク”の1番の特徴はおもちゃ+絵本が届く点

母ちゃん

しかも、絵本は返却しなくて良いんです。(もらえる)


絵本は中古品ですが、プレゼント。

年齢に合ったおもちゃに加えて絵本もついてくるのは“おもちゃのサブスク”だけです。


脳の発達が著しい乳幼児期に親子の触れ合いや遊びを通じて知育に繋がる、そんな嬉しいサービスが“おもちゃのサブスク”。

おもちゃと同じように、絵本も月齢に合った物を選ぶのはなかなか難しいですよね。頻繁に読み聞かせをしてあげたいならなおさらです。


そんな時も、“おもちゃのサブスク”なら、月齢に合った絵本を送ってくれます。

小さい子だと絵本を破いてしまうこともありますが、届いた絵本は返却の必要がないので安心して子供に触れさせることができますよ。

“おもちゃのサブスク”メリット
②割引プラン活用でコスパが良い

“おもちゃのサブスク”では、一括払いを利用することで最大2ヶ月分の利用料金が無料になります。

母ちゃん

特に、0.1.2歳のお子さんは成長も著しく、様々な知育おもちゃを試すにはオススメの時期。1年間契約するつもりなら一括払いが断然お得です。


1ヶ月更新プラン6ヶ月更新プラン12ヶ月更新プラン
月額3828円月額3637円月額3445円
通常の5%お得通常の10%お得



6ヶ月プランは3回オモチャが変わります。

最低利用期間は2ヶ月。ただし、2ヶ月だけだと1回届いたおもちゃ&絵本だけでサービスが終了してしまいます。

子供の成長に合ったおもちゃが試せるのが“おもちゃのサブスク”のメリット。続くかなぁ?と心配という方は割引も受けられる半年プランがオススメです。


通常のサブスクサービスに加えて絵本もプレゼントなのが“おもちゃのサブスク”。

それなのに、半年プラン・1年プランの割引で他のサブスクとあまり値段の大差なくサービスを受けられるのはコスパが高いですね。

“おもちゃのサブスク”メリット
②知育を目的にするなら1番オススメ

“おもちゃのサブスク”では、届くのは全てが知育おもちゃです。

さらに、知育に最適な年齢に合った絵本まで届きます。脳の発達が著しい乳幼児期、オモチャ遊びを通じて知育につなげたい方も多いですよね。

「知育に力を入れたい」と思ってサブスクサービスを探している方は、絵本もついてくる“おもちゃのサブスク”が1番オススメです。

“おもちゃのサブスク”の口コミは?

ここでは、“おもちゃのサブスク”についてSNS上での口コミを紹介します。

自分の好みだと偏ってしまうオモチャ選びですが、第三者しかもプロの選定でオモチャが届くというのがメリットと感じている方が多いようです。

また、やはり“おもちゃのサブスク”の最大のメリットである、絵本がプレゼントという点が数あるサブスクサービスから“おもちゃのサブスク”を選んだ理由とのことでした。

母ちゃん

2021年に始まったサービスなので、口コミの数は他のサブスクと比べ少なかったです。


分からないことがあれば、積極的に公式HPの問い合わせチャットがあるので活用をオススメします。

【まとめ】「おもちゃのサブスク」
3つのデメリットとは?

画像引用元:おもちゃのサブスクHP


“おもちゃのサブスク”デメリット3つ

  1. SNS上の口コミが少ない
  2. おもちゃのリクエストが出来ない
  3. おもちゃの交換周期2ヶ月


新しいサービスであり口コミの絶対数が少ない点と、おもちゃリクエストや交換周期が変更できないという点がデメリットです。

ただ、裏を返せば、自分のリクエストではなくプロの選ぶおもちゃを利用することや2ヶ月という期間じっくりおもちゃを使えるという点ではメリットともいえます。

“おもちゃのサブスク”1番のメリット

  1. おもちゃ+絵本が届く

なんといっても、他のサービスにはない“おもちゃのサブスク”ならではのメリットは、おもちゃ+絵本が届く点。しかもプレゼント。

サブスクサービスを検討中で、「知育おもちゃで遊びたい・絵本の読み聞かせを習慣にしたい」という方は“おもちゃのサブスク”が断然オススメです。

母ちゃん

是非、サブスクサービスを選びの参考にしてみてください。


絵本プレゼントは
“おもちゃのサブスク”だけ⇩


ママ限定のキャンペーン実施中
1分アンケートでもれなく
バーバパパグッズがもらえるよ♪

ママ限定!ママびよりプレゼントキャンペーン