リバーサイド茶倉子連れキャンプレポ(in三重)初めての冬キャンプ


キュウリ母ちゃん

ファミリーキャンプを始めて早5年。初めての冬キャンプに挑戦してきたの♪



三重県のリバーサイド茶倉というキャンプ場での子連れ冬キャンプの様子をレポートしていきます。


リバーサイド茶倉ってどんな所?

リバーサイド茶倉の特徴


三重県と奈良県を結ぶ国道166号線と国道368号線が交わる山間に茶倉ビレッジはあります。

そこは1級河川「櫛田川」が流れ、山裾に茶畑が広がる豊かな自然に囲まれた別天地が広がります。

リバーサイド茶倉リーフレットより



キュウリ母ちゃん

リーフレットの説明のように、高台から見た茶畑も櫛田川の透明度も“別天地”という言葉だけあって素晴らしかったわ♪



リバーサイド茶倉アクセス


リバーサイド茶倉
住所:三重県松坂市飯南町粥見1084-1
電話:0598-32-3223

松阪ICから約20km(約30分)
勢和多気ICから約10km(約15分)

リバーサイド茶倉料金


リバーサイド茶倉の料金表はこちら↓↓
※公式ホームページより掲載

キュウリ母ちゃん

会議室やキャンプファイヤーの出来る所、遊具やテニスコートもある充実した施設でしたよ☆




水回りやトイレも綺麗な印象でした。

リバーサイド茶倉キャンプレポート


のどかな景色が広がるリバーサイド茶倉に到着。



キャンプ場内の木々の色づきがとても綺麗で、自然に心癒されました。



リバーサイド茶倉のキャンプ場内には遊具もあって、到着早々子供達は大喜び!!



まずはテント設営です♪
やはり、このテント今回で2回目ですが、我が家のマストアイテムです!!


この設営のお手軽さを味わってしまったら別のテントには戻れません。


だって…空気入れるだけなんだもん!!所要時間わずか7分程度。





大人も疲れる事なく、あっと言う間にテント完成。ワーイ!!




お昼はヒョロ長父ちゃんによる冷凍チャーハン♪





美味しすぎてパクパクがとまりません♪


キュウリ母ちゃん

外で食べるご飯はやっぱり格別ですね!!



お腹が満たされたので、周辺を散策です。






リバーサイド茶倉内には、櫛田川を渡るための吊り橋があって、これを渡ると向かい側の道の駅へ行く事が出来ます。



ちょっぴりドキドキしながら渡ります。


ずんずん進む怖い物なしの娘【おかめ花子4才】と、ちょっぴり怖い息子【饅頭太郎7才】の感情が後ろ姿で伝わってくる(笑)




遊泳禁止でしたが、櫛田川の水は底がくっきり見える程に透き通っていて、エメラルドグリーンがとっても綺麗でした。


そして、頂上の展望台から見た景色がこちら!!




見事な茶畑。
さすが“リバーサイド茶倉”と名付けるだけあります。


ちなみに、道の駅『茶倉駅』では茶葉もたくさん売っていましたよ♪






縁起の良さそうな猫さん達も。。。
にゃー





次に夕方に向けて準備を開始。


と言っても、とっても簡単。
ホットカーペット引くだけ。


テント内がリビングと寝室で別れているので、寒かったら外に出る事なくヌクヌク出来ます。






でも、室内でボーっとなんてしてはいられないのが子供達♪


せっかく来たんだし…と次々に遊びと仕事を見つけていきます。




そして大好きな焚火タイム♪




どんぐりを見れば…

わぁ!!!と宝物を見つけたように目を輝かせて。



どんぐり拾い。




コロコロどんぐりがちっちゃな手からこぼれ落ちそう♪




なにしてんのかなぁ?と思ったら、ペットボトルにどんぐりを詰めて…



マラカスを作ったらしい。




引っ付き虫を服につけたり…やっぱり子供は遊びを見つける天才です。




お馴染みのシャボン玉もして、ゆっくりと夕方にむけて陽が落ちていきました。



少し寒くなったのでテントの中でトランプ。



晩御飯は室内でぬくぬくと鍋!!


材料は家で切っていって、もうあとは水と鍋キューブでグツグツするだけ♪楽ちん。


キュウリ母ちゃん

ちなみにこの鍋はキャンピングカーの旅で土鍋が割れてしまったので新しくしたの♪



そして夜は恒例のお菓子パーティー♪




冬なので夜外に出るのは寒かったんですが、トイレへ行く途中に見上げた星空がとっても綺麗でした!!


そして準備をしていたからか、案外冷えずに寝られました♪




翌朝は我が家のキャンプの定番ホットサンド。挽きたて珈琲の良い香りが最高でした。




帰りに珍布峠というスポットにも寄りました♪


キュウリ母ちゃん

車幅ギリギリで手に汗にぎるドライブだったわ!!



おまけ 子供の感性


太郎が3才の時、岐阜のキャンプ場で野生のリスを見ました。


その時、太郎はとっても嬉しそうでした。


そして、その後どんぐりをポケットいっぱいに拾って、


「今日はどんぐりさん達も僕のポッケでキャンプするんだね。」


と一言。子供の感性って素敵。




今回のキャンプでも、夜トイレに太郎と手を繋いで行った時、


星空を眺めながら太郎が、


「今日のキャンプの星は目のカメラ撮ってしっかり覚えておく」


と…。


私も、太郎がそう話してくれた今日の夜を覚えておきたいなぁ。



パニック障害闘病記・エッセイ・小説を集めた
もう一つのブログはこちら↓



母ちゃんのブログ更新のエネルギーです。良ければクリックお願いします。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング


シェアしてもらえると嬉しいです♪