グリーンパーク山東アスレチックの様子は?子供が楽しめる場所レポート【後編】



滋賀県に北部のキャンプ場グリーンパーク山東。

以前の記事では、

をお伝えしました。


この記事では『グリーンパーク山東は子供がどれだけ楽しめるか?』に焦点を当てて解説します。

キャンプ場に隣接するアスレチック施設の情報も詳しく載せています。


母ちゃん

キャンプレポート【後編】です。
是非ファミリーキャンプの参考にしてください。


この記事で分かること
  • グリーンパーク山東アスレチック対象年齢
  • グリーンパーク山東で子供が遊べるスポット
  • 実際のキャンプレポート


⇩目次から読みたいページにジャンプできます。



グリーンパーク山東アスレチックとは?


グリーンパーク山東には、本格的なアスレチック施設『ふるさと探検明日レサーキットコース』があります。


ここは、フィールドアスレチック協会認定の本格的なコースです。

外からだと中がはっきり分からない。小さな子でも楽しめるのか知りたい


という方むけに、
実際に利用した様子をお伝えします。

アスレチック料金


料金は1人200円です。
団体(20名以上)は1人100円。


料金可動ゲートになっていて、人はいません。両替は事前に済ませておくようにしましょう。


ゲートにはアルコールも設置されていました。


アスレチック利用の注意点

注意点は3つ

アスレチック利用の注意

  1. あらかじめフロントで両替
  2. 事前にトイレを済ませておく
  3. 対象年齢は小学生以上


①入口は無人なので事前にフロントで両替して小銭を用意しておくようにしましょう。


アスレチックコース内にはトイレがありません。トイレを済ませて入場しましょう。


③これが1番大切です。
対象年齢は小学生以上。

母ちゃん

想像以上に本格的なアスレチックコースです。未就園児だと危険をともないます。



この3点に注意しましょう。

実際のレポート

画像引用元:グリーンパーク山東HP


実際にアスレサーキットに挑戦しました。
コースには全20種のアスレチックがあります。





息子が見ているのは点数表。

1つ1つのアスレチックを攻略した時の年齢別得点が記載されてます。さすが日本フィールドアスレチック協会公認コース。




コースは森の中にあって、アスレチック以外の場所も階段や坂道で滑りやすい箇所もありました。


息子

サンダルやヒールは危険だよ。動きやすいスニーカーで入場してね。



1つ1つのアスレチックに名前がついています。この名前、滋賀県の文化や歴史にまつわる物になっていて、解説つきで面白いです。



看板右下には点数表も。

  • 1度も休まずできた…2点
  • 何度か休んでできた…1点
  • できなかった…0点


入り口で息子が見ていた年齢別のハンデ表と合わせて合計得点が出せるようになっています。



どのアスレチックも、なかなかハードで未就学児の子だと危ない物もあるので小学生以上の子むけですね。



父ちゃん

大人でも、油断してかかると運動不足の人は怪我する危険があります。準備運動を念入りにしましょう(笑)



アスレチックの中で、
特に子供達が喜んでいたのがコレ⇩



ロープを引っ張ると前に進めるようになっている遊具。

これが楽しかったようで、2人して何度も何度も繰り返していました。



大人も子供も良い運動になりました。

季節は春でしたが、コースを1周すると、とても喉が渇きました。アスレチックコースに行く際は飲み物も持っていきましょう



グリーンパーク山東
アスレチック以外の子供スポット


アスレチックコースは対象年齢が小学生以上。

グリーンパーク山東で未就学児の子でも楽しめる子供スポットはある?


安心して下さい。
たくさんあります。


アスレチック以外で、実際に子供達が楽しんだグリーンパーク山東のスポットをレポートします。

三島池


ここでは、コイや鴨にエサやりができます。


エサは、売店にて220円で販売しています。



すぐそばまで鴨がエサを食べに近寄ってくるので、子供達は大喜びでした。



ドラゴンスライダー

全長約100mのロングスライダー。


お尻にひくビート板はスライダー横にて無料で貸し出ししています。



お尻にビート板をひくと、結構なスピードが出てスリル満点です。とくにコーナリングは迫力があります。





また、スライダーの乗り口(丘の上)には小さい子が遊べる遊具もあります。




さきほど紹介したアスレチックや、ドラゴンスライダーが怖い子は丘の上の遊具がオススメです。


グリーンパーク山東内遊具


グリーンパーク山東のキャンプ場内にも、小さな子供向けの遊具があります。


ここなら、未就学の子も楽しく遊べそうです。



また、夏休み期間には泥んこ池もオープンします。



私達が訪れたのは春だったので飛び石を渡るだけでしたが、夏場は水深20-30㎝の水遊び場で小さな子でも安全に遊ぶことができます。

宝探しゲーム

キャンプ場内では宝探しゲームも開催されていました(2022年4月時点)


息子

僕はコレが1番楽しかったよ♪


参加費は1人650円です。
フロントにて宝の地図をもらい、謎解きをしながら隠れた宝箱を探していきます。





謎解きは想像以上にクオリティーが高く、夢中になって楽しめます。



所要時間は50分~1時間半ほどです。
わりと時間がかかるので、余裕をもって計画的に参加するようにしましょう。


ゴールでは、宝箱から景品をもらって大喜びな2人。



天狗の丘(公園)


グリーンパーク山東から1本道を挟んですぐの場所に幼稚園と公園があります。


この天狗の丘公園も子供が喜びそうなスポットです。





未就学の子も楽しめ、小学生でも低学年の子なら飽きることなく遊べますよ。




【まとめ】グリーンパーク山東アスレチック、子供が楽しめるスポット


グリーンパーク山東アスレチック

注意点3つ

  • 両替しておく
  • トイレは済ませておく
  • 対象年齢は小学生以上


アスレチック以外で子供が遊べる場所

  • 三島池→散歩やエサやり
  • ドラゴンスライダー
  • キャンプ場内遊具・池
  • 謎解き宝探し
  • 天狗の丘公園


グリーンパーク山東は、とにかく子供が楽しめるスポットが盛り沢山です。

アスレチックは未就学の子にはオススメできませんが、他にも小さな子が遊べる場所があるのでキャンプ地として是非検討して下さい。